院長 亀山 誠

診療科目

  • 顔
  • 目もと
  • 若返り
  • 輪郭
  • 鼻
  • 口
  • 耳
  • ボディー
  • バスト
  • ボディライン
  • ワキガ・多汗症
  • レーザー脱毛
  • その他
  • 婦人科形成
  • 刺青除去
  • イボ・ホクロ・傷跡
  • イボ除去
  • ホクロ除去
  • 傷跡修正
  • あざ 皮膚皮下腫瘍切除
  • その他
  • 女性皮膚科専門医によるトータルサポート
  • 女性のための、薄毛治療
  • 形成外科専門医が認めるワキガ治療
  • 高い技術とレーザー脱毛
  • 「刺青・タトゥー除去」するなら!横浜中央クリニック
  • スタッフ紹介
  • クリニックブログ
  • 看護師募集
  • 横浜中央クリニック
保護者同意書
未成年の方は保護者の同署が必要です。下のボタンをクリックすると別ウィンドウでPDFファイルが開きますので、印刷してご来院下さい。

ダウンロード

アクセス

〒220-0004
神奈川県横浜市西区北幸1-2-13
横浜西共同ビル 10F
(横浜駅西口より徒歩4分)

GoogleMapで地図を見る

  • ドクターズコスメ 歳をとらない肌ののために…
気にならない傷あとにする近道は傷あとを目立たなくさせることからです
形成外科の集大成ともいえる傷あと修正、形成外科専門医にお任せ下さい

傷あとをなくしたいという方が多いのですが、現状では残念ながら傷あとを完全になくすということはできません。しかし、きれいな細い傷あとにする、ぼかし効果を使った縫い方をする、変形を残さない、色味を落とすといったことに注意して傷あとを修正することで、かなりの改善が見込まれます。

代表的な傷あとと治療法

細長い傷あと

幅をもった細長い傷あとです。縫うほどでもなかった傷をそのまま治したり、外傷後の縫合あと、リストカットの傷あと、手術あとなどといった線状痕として残ったもので、見た目だけでなく、ひきつれを起こしていたりもします。
のちのち細い傷あとになったとしても、長い一本の傷あとというのは場所によってはとても目立ち、また不自然なしわの原因になったりします。そのような場合は必要に応じて傷の向きそのものを複雑に変えることによって、目立たなくしていきます。

広範囲の傷あと

やけどのあと、根性焼き、挫創後の傷痕などがあげられます。また一度めくれ上がった皮膚皮下組織をもとの位置に縫い合わせると、めくれ上がったもの全体が膨らんでくる弁状瘢痕と呼ばれる独特な傷あとを作ることもあります。単純縫縮ができれば一番いいのですが、必要に応じて、皮弁法植皮を組み合わせて改善していきます。

肥厚性瘢痕

傷が盛り上がった傷あとを指します。この盛り上がりはあくまでも傷の範囲を超えないもので、ケロイド瘢痕とは区別して考えます。帝王切開後などのおなかの傷あとや足の傷あとといったところに多い傷あとです。ステロイド注射内服薬で済むものもありますが、きれいな傷あとを目指すのなら、改めて縫い直す必要があります。

ケロイド瘢痕

もともとの傷あとを超えて、最初はみみずばれのような張りのある傷が、年々拡大する傾向にあるもので、肥厚性瘢痕とは区別して考えます。体質によるもので、できない方とそうでない方に分かれることが知られています。また好発部位があり、同じ人でもどこでも必ずケロイドになるというものでもありません。耳たぶのピアス穴開けをきっかけにできたり、お腹の手術あとでおへそ近くは問題ないのに陰毛にかかった部分のみがケロイド状に盛り上がったりすることがあります。
安易に全部とろうとして切除縫縮を行うと、ケロイド範囲を広げることにつながる恐れがありますので、腫瘍内切除といい、あくまでも正常皮膚は切らずにケロイド範囲を小さくしたうえで、必要に応じて保存療法(ステロイド注射、内服、外用、圧迫)を続けていきます。

治療法

切除縫縮

瘢痕を切り取り、縫い合わせていきます。縫い合わせる際、わざと縫いしろを盛り上げ(場所により程度に差をつける)、半年後には一本の髪の毛の程度の傷幅になるように仕上げていきます。

気になるポイント!
施術時間は長いの?・・・・名刺サイズ(約50cm2)で約30分です。
通院は必要なの?・・・・・抜糸を行うため、7〜10日後にご来院いただきます。
お風呂は入れるかな?・・・翌日よりシャワーは可能です。入浴は抜糸翌日より可能です。
術後のケアは必要?・・・・お渡しする軟膏を、シャワー後などに抜糸の日まで塗るようにしてください。抜糸後は傷跡が広がらないようにテープによる固定を2ヶ月ほど続けて下さい。

皮弁形成術

皮弁形成術とは、皮膚と皮下組織の血流を保ったまま別の場所へその組織を移動させることをいいます。何種類もの確立された皮弁法があります。それらを使い分けることにより、一方向に皮膚を縫い寄せることで起きる変形を予防したり、ひきつれを改善したり、傷の方向を変えることでぼかし効果をねらったりします。工夫することで出来上がりの傷の形を変えることができますが、これらはケースバイケースで使い分けていき、常にどれが優れているというものでもありません。どうしたら傷が服に隠れるか、皮ふに余裕をもたせるにはどうしたら良いか、利用価値のとても高いテクニックであり、形成外科医のセンスが問われる一瞬でもあります

気になるポイント!
施術時間は長いの?・・・・施術内容により異なりますが、長くとも90分程度です。
通院は必要なの?・・・・・抜糸の1週間後と経過観察のため2週間後、1ヶ月後に必要になります。
お風呂は入れるかな?・・・翌日より抜糸日までシャワーのみ可能です。抜糸翌日から入浴も可能です。
メイクは必要!いつから?・傷以外は当日より、傷跡に対しては抜糸翌日より可能です。

保存療法

手術以外の治療法です。保存療法のみが行われたり、手術と併用して行ったりします。

気になるポイント!
他に薬を飲んでるけど大丈夫?・・服用されている薬によります。ご相談ください。
注射した日はお風呂は入れない?・注射の翌日より入浴が可能です。
自分でケアできる?・・・・・・・状態や範囲によって異なりますが、基本的には可能です。

費用

診療内容 備考 費用(税抜/円)
傷跡修正(切除縫縮法)
(顔を除く)
  (縦(cm)×横(cm)+5)×8,000
切除皮弁形成術
(顔を除く)
  (縦(cm)×横(cm)+5)×8,000
ステロイド注射 1回 4,000
内服薬(リザベン) 1ヶ月分 4,000
ヒルドイド軟膏 1本(25g) 1,000
ドレニゾンテープ 1枚(10×7.5cm) 400

院長紹介

診察・治療・手術はもちろんアフターケアまで全て私が担当します。院長 亀山 誠 日本形成外科学会認定形成外科専門医 日本形成外科学会 会員 国際形成外科学会 会員 日本美容外科学会(JSAPS)正会員 中央クリニック 技術指導医

院長の詳しい紹介はこちらから

無料メール相談

無料カウンセリング予約

ページの先頭へ戻る