院長 亀山 誠

診療科目

  • 顔
  • 目もと
  • 若返り
  • 輪郭
  • 鼻
  • 口
  • 耳
  • ボディー
  • バスト
  • ボディライン
  • ワキガ・多汗症
  • レーザー脱毛
  • その他
  • 婦人科形成
  • 刺青除去
  • レーザー除去
  • 単純切除
  • 分割切除
  • アプレーション
  • 皮膚移植
  • 費用の計算
  • イボ・ホクロ・傷跡
  • その他
  • 女性のための、薄毛治療
  • 形成外科専門医が認めるワキガ治療
  • 高い技術とレーザー脱毛
  • 「刺青・タトゥー除去」するなら!横浜中央クリニック
  • スタッフ紹介
  • 看護師募集
  • 横浜中央クリニック
保護者同意書
未成年の方は保護者の同署が必要です。下のボタンをクリックすると別ウィンドウでPDFファイルが開きますので、印刷してご来院下さい。

ダウンロード

アクセス

〒220-0004
神奈川県横浜市西区北幸1-2-13
横浜西共同ビル 10F
(横浜駅西口より徒歩4分)

GoogleMapで地図を見る

  • ドクターズコスメ 歳をとらない肌ののために…
“納得の治療”“納得の料金”で刺青を消す

アクセサリーとしての刺青から本格的に入れた刺青まで、さまざまなデザインや入れた動機がありますが、アジアではまだまだ刺青の存在自体が邪魔をして、何かと不自由をもたらせます。
きれいに消したい、とりあえずわからなければいい、消すことをとにかく急ぐ等に対応すべく、一長一短あるいくつかの治療法を患者様の要望に合わせて選択していき、ベストな解決法を提供します。

どんな治療法があなたに合っていますか?

STEP1刺青除去の治療法を選ぶ STEP2施術方法を把握する STEP3施術面積を測る STEP4施術費用を計算する

STEP1 刺青除去の治療法を選ぶ

治療法選びでは、まずどんな治療があなたに適しているのかを選択する必要があります。フローチャートを使って、YES・NOで導いて選べるようにしています。ここで選ばれた治療法はあくまでも目安で、実際は部位やお仕事内容、料金などやさまざまな要因でかわってきます。また体の表面に傷を作りますので、貧血、脱水、電解質異常等を予防するために、1度にできる面積に限界を設けています。
※詳しくは、下記「治療法について」をご参照ください。

レーザー治療
単純切除
分割切除
アプレーション
皮膚移植

ふーん。刺青を消すにはレーザーか切除かと思っていたけど、他にもいろいろな方法があるんですね。すべての方法に精通している先生なら一番良い方法を勧めてくれるって感じで安心ですね♡

もちろんこれだけで治療方法が決まるわけではありません。
刺青の場所、費用、患者様のバックグラウンドなど、様々な要因を加味して答えを出していきます。ですからこのフローチャートにとらわれず、いろいろな方法を比較してください。そしてどの方法が良いのかがわからなくなった時、もう一度このフローチャートを眺めてください。“なんとなく”が“明確”に変わってくるはずです。

【注意】
・一度にできる範囲はレーザー治療ではA4サイズ2枚程度(約1240c㎡)、
アブレーションでA4サイズ1枚程度(約620c㎡)植皮はB5サイズ1枚程度(約460c㎡)が目安です。
・レーザーの効果は深さ、色味に左右されますので、最終的な治療回数は断定できません。
・異なる治療を一緒に行うこともできます。
(例)縫縮可能な所は縫縮し、無理な所は植皮にする。
レーザーで取りきれなかった所を、後日切除する

STEP1で選択された治療法がどのようなものなのか、どのようなメリット/デメリットがあるのか、認識しましょう。
具体的な治療法、経過のイメージがつきます。

STEP3 施術面積を測る

次に当院の定める施術範囲の定義にしたがって施術面積を計測します。レーザーの場合は照射部位のみの面積を測ります。それ以外の施術では実際に切り取らざるを得ない面積を測ります。

STEP4 施術費用の計算

最後にその施術料がどのくらいになるのか計算します。STEP3で計測した面積を簡単な計算式に当てはめることで算定できます。刺青除去治療の料金はとかく曖昧になりがちです。小さい範囲であれば適正に思えても、倍々計算で広い範囲の料金を計算すると、思いのほか高くなり、結局キャンペーンやサービスと称して、その場の言い値で割安感を出し、もっともらしい治療費を提示するところが少なくありません。そこで当院では、二次関数を利用した計算式に基づいて、範囲が大きくなればなるほど割安感のある普遍性をもたせた適正価格を提示しています。

施術費用の計算をする

横浜中央クリニック

受付時間 9:30−20:00 診療時間 10:00−18:00(応相談) 休診日 毎月第1週日曜日のみ

0120-072-545

  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約

院長 亀山 誠

院長の詳しい紹介はこちらから

ページの先頭へ戻る