あざ(アザ・痣)のお悩み・トラブルなら美容皮膚科 横浜中央クリニック

0120-072-545

メール相談カウンセリング予約

  1. 横浜中央クリニック
  2. 診療科目
  3. あざ・皮膚皮下腫瘍切除

あざ・皮膚皮下腫瘍切除

早く取りたい、あざやしこり「あざ・皮膚皮下腫瘍切除」

“あざ・皮膚皮下腫瘍切除”について

皮膚疾患に詳しく、手術を得意とする
皮膚科・形成外科の横浜中央クリニックで解決。
皮膚の下にできたようなできもの(皮下腫瘍)は、最初は小さくだんだん大きくなってくるものが多いです。顔や手にできたものは小さいうちに心配になって相談にくる方が多いですが、髪の毛の中や、背中などあまり目にしないところでは、いよいよほっとけないという状態になってからの相談が多い傾向にあります。ちいさい状態での処置のほうが比較的簡単に、また傷も小さくすみますので早い時期での対応をお勧めします。
しかし何科に相談していいのかわからない方も多い疾患でもあります。ほとんどのものが手術による切除が必要になってきますので、皮膚疾患に詳しくかつ手術を得意とする横浜中央クリニック(皮膚科/形成外科)に是非ご相談してください。ただ丁寧に取るのではなく、いかに仕上がりをきれいにするかを常に考え治療に望んでいます。

“代表的なできもの“ の種類

「代表的なできもの」にはどのような種類があるのか、そしてどのような治療法があるのか、詳しくご紹介していきます。

粉粒(ふんりゅう)/アテローマ

皮膚が体の中にもぐりこむように皮膚の袋ができ徐々に大きくなっていくものです。この袋の中には垢などの老廃物が蓄積し、内容物を押し出すと白く独特の臭いのするものが出てきます(感染の原因になりますので押し出すことはお勧めしません)。
内容物を出しただけでは治りません。治療はこの袋ごと切除手術により摘出する以外ありません。

脂肪腫(しぼうしゅ)/リポーマ

成熟脂肪細胞が局所的にふえ、軟らかいしこりとして皮膚の下に触れるものです。年々大きくなる傾向にありますので、早めの治療をお勧めします。
一部の病院でみられますが、脂肪吸引や脂肪溶解剤などで治るようなものではありません。被膜に覆われてつるんと取れるものと、被膜がはっきりせず摘出に難航するパターンがありますが、いずれも切開手術により、取り残しのないように全摘していく必要があります。

石灰化上皮腫(せっかいかじょうひしゅ)

毛母細胞由来のできもので、通常2cm前後のカルシウムの沈着した硬いしこりとして、手、首、顔などに多くみられます。
切開手術により、この硬い石の様なしこりを摘出していきます。/p>

類上皮腫(るいじょうひしゅ)/デルモイドシス

胎生期の遺残物で目の周り、特に眉毛近くにできやすいものです。
治療はこのしこりを切開手術で摘出していきます。

耳前瘻孔(じぜんろうこう)

胎生期の耳ができる時期に耳軟骨の癒合がうまくいかず、小さなすき間ができてしまうことで起こるとされています。耳のつけね、耳の前などに小さな穴があり、奥へと皮膚がトンネル状に続き、アリの巣のように中で枝分かれするケースもよくあります。感染と軽快をくりかえす方も多い疾患です。
内腔を染色した後、取り残しのないように丁寧に切開切除していきます。

毛巣洞(もうそうどう)

お尻(仙骨尾骨部)の毛深い方に多い疾患で、体毛が皮下に入り込んで皮膚のトンネルを皮下にどんどん作っていきます。このトンネルがアリの巣のように枝分かれするケースもあり、慢性的な感染に悩んでいる方も多くいます。
内腔を染色した後、取り残しのないように丁寧に切開切除していきます。また再発防止のため、同時にお尻の毛に対して、医療レーザー脱毛器による永久脱毛をお勧めします。

血管腫(けっかんしゅ)

血管の拡張したものと、毛細血管が局所的に増えたものとありますが、どちらにしても血管系の異常で、この血管を取り除かないと改善しません。ちなみに血管腫の赤みは、血管の中を走る赤血球が透けて見えているためで、指で圧迫したあと、さっと離してみると、一瞬赤みがなくなり、ずぐにもとの赤みに戻ります。一時的な炎症でもこのようなことは見られますが、数カ月以上続く赤みということであれば血管腫が疑われます。

体や手などに赤い点としてみられ、加齢とともに増加するものは老人性血管腫とよばれ、レーザー焼灼で除去できます。唇にできたような赤青色のものを特にvenous lakeとよび、切開切除によってきれいに取り除くことができます。
ほか海綿状血管腫など大きいものであれば、切除することで、きれいにとることができます。
しかし俗に‘赤あざ’と呼ばれる赤いしみのような血管腫は、赤色に反応する色素レーザー照射がファーストチョイスで、この機器は当院にありませんので、対応しかねます。

脂腺母斑

頭や額に多い黄色のあざで、出生時より存在し、思春期になると表面のざらつきが強くなるようなものです。見た目の改善もありますが、ここは皮膚ガンの発症母地となりうる(いつか皮膚ガンに置き換わる可能性がある)ものですので、早い段階での完全切除が必要です。

院長からひとこと

このページにあげた代表的なものは比較的相談の多かったもので、まだまだマイナーな疾患はありますが、とにかく相談していただければ、きっと解決法がみつかります。
しかるべき病院でも相談には対応していただけるとは思いますが、解決スピードを考えてみてください。初診料や紹介状、後日血液検査、後日手術、後日再診・・・といった煩わしさは当院ではほとんどありません。診察は無料、当日手術可能、再診は特に問題なければ抜糸の日だけ、施術費用にすべての費用が含まれる、待ち時間はほとんどなし、この効率の良さは美容外科ならではだと思います。

あざ・皮膚皮下腫瘍に効果的な治療法

当院のしあざ・皮膚皮下腫瘍に効果的な治療法をご紹介します。

ピコレーザー

皮膚表面を傷つけることなく、治療後数時間でメイクまですることが可能です。

ピコレーザー

炭酸ガスレーザー

炭酸ガスを発振物質とする治療機で、10600nmの波長をもつレーザー光を発生します。

炭酸ガスレーザー

あざ・皮膚皮下腫瘍の施術料金

  • Instagram
  • ドクター紹介
  • 1分で簡単申し込み!看護師正社員募集
  • 保護者同意書

アクセス

住所
神奈川県横浜市西区北幸1-2-13 横浜西共同ビル 10F
(横浜駅西口より徒歩4分)
相談・予約・電話番号
フリーダイヤル 0120-072-545 (9:30 〜 19:00)
診療時間
10:00 – 18:00 (完全予約制 )
相談・予約・受付時間
9:30 – 19:00 (年末年始除く)
  • 0120-072-545
  • メールで相談カウンセリング予約

横浜中央クリニック 専門サイト

美容整形のことなら美容外科の専門医が施術する横浜中央クリニックへ

横浜中央クリニックでは、アットホームな美容外科として、お客様のお悩み解決をサポートいたします。美容整形のプロとして、お一人お一人に合った施術方法をご提案いたします。まずは、無料カウンセリングをご利用ください。当院は横浜駅から徒歩2分の場所にあります。アクセスが良いため、横浜、神奈川だけでなく、東京や千葉、埼玉、静岡、愛知からの来院も少なくありません。自分に合ったクリニックをお探しの方は、一度お電話ください。横浜中央クリニックは美容外科ですので、美容医療全般を対応しています。その他、気になられる事がございましたらお気軽にご相談ください。