たるみ治療 横浜中央クリニック

0120-072-545

メール相談カウンセリング予約

  1. 横浜中央クリニック
  2. 診療科目
  3. たるみ

たるみ

頬・目の下・フェイスライン「たるみ」

“たるみ”について

老けた印象をもたらす「たるみ」
部位によって治療法が違います。
もう歳だから・・・なんて諦めていませんか?

年齢を重ねるごとに肌のハリや弾力は低下していきます。それは表情筋の衰え、真皮層に存在するコラーゲンやエラスチンをつくり出すの繊維芽細胞の衰え、加齢による脂肪の付き方の変化が原因です。たるみが起こると目元や目尻に小さなしわができたり、ほうれい線や目の下のクマがでてきたりします。
身体の部分と比較しても顔のたるみは早い段階で現れてきます。
たるみが起こる前の予防としてセルフケア(紫外線対策や保湿など)をすることは大切ですが、深刻なたるみはクリニックでご自分にあった治療を受けるこが改善の近道です。

“たるみ”の部位

加齢により肌の弾力が失われる、ハリを保つ成分が減少するなどが原因で起こる「部位別のたるみ」をご紹介します。

頬のたるみ

たるみの症状で当院でも多くご相談にこられるのが「頬のたるみ」です。加齢とともに頬のハリを支えるコラーゲンやエラスチンは減少していきます。その量は、50代では20代の半分ほどになってしまうとも言われています。頬のたるみは実年齢以上に老けた印象を与えてしまいます。皮膚が弾力やしなやかさを失うことで起こる「たるみ」。頬のたるみの主な原因は、皮膚の老化現象・表情筋の衰え・生活習慣などです。

目元のたるみ

目もとのたるみは皮膚の弾力の低下による「皮膚のたるみ」と目の周りの眼輪筋の衰えによる「目の下のたるみ」があります。目の下のたるみは、老けた印象や疲れた印象を与えてしまいます。目もとのたるみの原因は、加齢による弾力と筋力の低下、眼球を支えている眼窩脂肪や目の酷使や目元への刺激によって起こります。

フェイスラインのたるみ

フェイスラインのたるみは、実年齢よりも老けて見えてしまいます。20代でもそれは同じです。加齢により顔の皮膚自体にハリがなくなったり、表情筋の筋力が衰えたりすることが原因です。また、日常生活の習慣によって生じる「むくみ」が原因の場合もあります。体重が増加していないのに、二重あごになる場合はたるみが原因です。

たるみに効果的な治療法

当院のたるみに効果的な治療法をご紹介します。

フェイスリフト

皮膚の土台となるSMAS筋膜を引き上げることで成し得る、持続効果の長い確実なしわ、たるみ取り。若返り術の最高峰といえます。

フェイスリフト

ペレヴェ

ペレヴェは小じわを軽減させ、ハリのあるきめ細かい肌へと改善し、顔の輪郭の即時的な引き締め効果が期待できます。

ペレヴェ

ポラリス

光エネルギーと高周波による美肌治療です。光と高周波を組み合わせることで、たるみ・小じわ/毛穴・しみ/そばかす等、気になる治療を行うことが可能です。

ポラリス

水光注射

水分保持力の高いヒアルロン酸やPRP血小板などを皮膚の状態に合わせて細かく均一に注入することでくすみ、小じわ、ハリ、透明感、毛穴の開きなど様々な肌のトラブルに有効です。

水光注射

たるみの施術料金

  • Instagram
  • ドクター紹介
  • 1分で簡単申し込み!看護師正社員募集
  • 保護者同意書

アクセス

住所
神奈川県横浜市西区北幸1-2-13 横浜西共同ビル 10F
(横浜駅西口より徒歩4分)
相談・予約・電話番号
フリーダイヤル 0120-072-545 (9:30 〜 19:00)
診療時間
10:00 – 18:00 (完全予約制 )
相談・予約・受付時間
9:30 – 19:00 (年末年始除く)
  • 0120-072-545
  • メールで相談カウンセリング予約

横浜中央クリニック 専門サイト

美容整形のことなら美容外科の専門医が施術する横浜中央クリニックへ

横浜中央クリニックでは、アットホームな美容外科として、お客様のお悩み解決をサポートいたします。美容整形のプロとして、お一人お一人に合った施術方法をご提案いたします。まずは、無料カウンセリングをご利用ください。当院は横浜駅から徒歩2分の場所にあります。アクセスが良いため、横浜、神奈川だけでなく、東京や千葉、埼玉、静岡、愛知からの来院も少なくありません。自分に合ったクリニックをお探しの方は、一度お電話ください。横浜中央クリニックは美容外科ですので、美容医療全般を対応しています。その他、気になられる事がございましたらお気軽にご相談ください。