ハイドロキノン、プラセンタ、ヘリオケア 横浜中央クリニック

0120-072-545

メール相談カウンセリング予約

  1. 横浜中央クリニック
  2. 診療科目
  3. 内服薬・外用薬

内服薬・外用薬

厳選した内服薬・外用薬をご用意しています。

内服薬・外用薬

効果の高い内服・外用薬を厳選。
新しい薬も取り扱いがございます。
シミ全般に効果のあるビタミンCや、肝斑の特効薬であるトラネキサム酸、最新の飲む日焼け止め+美肌美白治療ができるUVシールドなどの内服薬、医師の処方が必要な外用薬も取り扱っています。

内服薬

医師の指示のもと外用薬と内服薬を処方しています。クリニックでの治療と併用してホームケアをすることで、より高い効果を得ることができます。

トランサミン

肝斑やしみの改善に使用します。血液を溶かす物質のプラスミンはアレルギーや炎症反応にも関わってきます。このお薬で、プラスミンの働きを弱めれば、アレルギー症状や炎症(腫れ)が和らぎます。このような作用に基づき、湿疹やじん麻疹、のどの赤みや腫れ、口内炎などに処方されています。皮膚科ではシミの治療にも応用されます。

ビタミンC

ビタミンCはメラニンの抑制、コラーゲン生成など様々な肌作りに貢献します。
タバコやストレス、不規則な食生活で不足しがちになりますので、投薬で補います。

飲む日焼け止め+美肌美白治療

「UVシールド」は2017年の新薬で、スキンケアしながらUVカットもできる、医師が勧める飲む日焼け止めです。

従来の飲む日焼け止めHELIOCARE(ヘリオケア)と同様の成分+αがさらに美白・美肌効果があります。


紫外線を防止しながらホワイトニングもできる「UVシールド」

【主な効能】

  紫外線予防:ダイオウウラボシ
  紫外線防御やひやけ日焼けによる赤み、皮膚の皮膚のダメージを軽減
  ホワイトニング:ビタミンC・プラセンタ
  お肌の中のメラニンに働きかけ、シミやそばかすにアプローチ
  抗酸化:リコペン・ビタミンE
  抗酸化作用があることで知られ、美肌へと導く成分



【用法】

1日3粒を目安に摂取してください。
日差しを浴びる時は、日焼け止めクリームと併用でさらに効果がございます。
継続して日差しを浴びる場合は、4時間後に3粒を目安に追加摂取してください。

成分と効果 UVシールド ヘリオケアウルトラD
メーカー(生産国) Olympian Labs(アメリカ) IFC(スペイン)
1箱 容量 120錠 40日分 30錠 30日分
1日3カプセル 1日1カプセル
ダイオウウラボシ
Fernblock(フェルンブロック)
抗炎症作用、皮膚ダメージの軽減効果、紫外線からの保護作用
480mg 480mg
ルテイン
抗酸化作用、眼病予防効果
6mg 2mg
アスコルビン酸(ビタミンC)
美白・美肌効果
150mg 20mg
リコピン(リコペン)
活性酸素を抑制し、チロシナーゼの働きを抑え美白効果
9mg 1mg
コレカルシフェロール(ビタミンD3)
ビタミンDは、カルシウムやリンなどのミネラルの代謝や恒常性の維持、骨の代謝に関係
15mcg 5mcg
ビタミンE
抗酸化作用、老化予防
9mg 3mg
プラセンタ(必須アミノ酸)
抗酸化作用、抗炎症作用、美肌効果
240mg なし
ヒアルロン酸
肌の保湿効果
150mg なし

プラセンタ

きれいで健やかに過ごすために。


肌に潤いと弾むようなハリを与えてくれる胎盤から抽出したエキスと体が吸収しやすいようにコラーゲンを低分子化したコラーゲンペプチドを配合した「プラセンタ」。肌のハリや透明感、肌の保湿や肌荒れにも効果的です。


【主な効能】

  肌のハリ
  肌の透明感
  肌荒れ
  肌の保湿
  肌の弾力
  肌のツヤ



【用法】

なるべく空腹時に2~3粒の摂取量を目安にお飲み下さい。
1日4~6粒を目安にお飲み下さい。
開封後はできるだけ早めにお飲みください。

ハイドロキノン外用

ビタミンCの約100倍の美白効果
すでに出来てしまった“しみ”もあきらめない!
ハイドロキノンは美白剤として古くから使用されており、一般的な美白化粧品に含まれるアルブチンの約100倍の美白効果があると言われています。ハイドロキノンは強い作用を持つ薬剤ですので、アレルギーや炎症反応を起こすことがあるため日本では医師の診断により処方する薬剤とされています。

最近では、インターネットによる個人購入などで誤った使用方法で、肌に合わない、効果がない等の「肌のトラブル」が増加しています。当院では医師による診察、処方が必要な外用薬を扱っています。必ず医師の指示のもと使用量・使用方法を守ってご使用ください。

ハイドロキノンの効果

メラニン色素が皮膚に蓄積されてできるしみ。お肌のターンオーバーが正常でなかったり、大量の紫外線を浴びてメラニン色素を生成する色素細胞「メラノサイト」が刺激を受けて皮膚表面に過剰に蓄積されてしみとなります。

ハイドロキノンは、このメラニン色素を生成する酵素(チロシナーゼ)の働きを抑制し、メラノサイト(メラニン色素を作る細胞)の数を減少させる作用をもっています。

ハイドロキノンで効果のあるシミの種類

セルファーマスティック

ハイドロキノンを5%配合したスティックタイプの美白液。しみ、そばかすにはもちろん、バストトップやビキニラインにも効果的です。使い方も簡単で、スティックから直接気になる部分に軽く塗ってください。

セルニューHQコンシーラー

ハイドロキノン2%配合したクリームタイプの部分用ファンデーション。しみやそばかすなど気になる部分に塗布してお使いいただけます。紫外線防御の効果もあり、日焼け対策にも効果的です。(SPF50+)

ラミューORS・Cローション

美肌成分ビタミンC誘導体が5%配合されている化粧水。肌に必要なビタミンCをしっかり吸収できます。シミやくすみ老化予防紫外線対策にも最適です。

内服薬・外用薬 料金表

※ 表示価格はすべて税抜表示となっています。
※ 当院は自由診療のクリニックです。
※ 保険診療は行っておりません。

治療内容 料金
トランサミン
(ビタミンC付き)
28日分 4,000円
ビタミンC 1ヶ月分 1,000円
セルファーマスティック 1本 3,000円
セルニューHQコンシーラー 1本 3,500円
ラミューORS・Cローション 1本 5,000円
  • Instagram
  • ドクター紹介
  • 1分で簡単申し込み!看護師正社員募集
  • 保護者同意書

アクセス

住所
神奈川県横浜市西区北幸1-2-13 横浜西共同ビル 10F
(横浜駅西口より徒歩4分)
相談・予約・電話番号
フリーダイヤル 0120-072-545 (9:30 〜 19:00)
診療時間
10:00 – 18:00 (完全予約制 )
相談・予約・受付時間
9:30 – 19:00 (年末年始除く)
  • 0120-072-545
  • メールで相談カウンセリング予約

横浜中央クリニック 専門サイト

美容整形のことなら美容外科の専門医が施術する横浜中央クリニックへ

横浜中央クリニックでは、アットホームな美容外科として、お客様のお悩み解決をサポートいたします。美容整形のプロとして、お一人お一人に合った施術方法をご提案いたします。まずは、無料カウンセリングをご利用ください。当院は横浜駅から徒歩2分の場所にあります。アクセスが良いため、横浜、神奈川だけでなく、東京や千葉、埼玉、静岡、愛知からの来院も少なくありません。自分に合ったクリニックをお探しの方は、一度お電話ください。横浜中央クリニックは美容外科ですので、美容医療全般を対応しています。その他、気になられる事がございましたらお気軽にご相談ください。