0120-072-545

メール相談カウンセリング予約

目の下のたるみ・クマ

スッキリと生き生きした目もとに。「目の下のたるみ・クマ」

症例写真

目の下のクマ取り経結膜脱脂法

  • 施術内容:まぶたの裏側から眼窩脂肪を取り除く手術
  • 副作用・リスク:内出血、腫れ、むくみ、左右差、ふくらみが残る、小じわやシワが残る、つっぱり、凹み
  • 施術料金:275,000円

施術の詳細はこちら

“目もとのたるみ“

目もとをスッキリ、若々しく。 目もとのたるみで多いのが「目の上のたるみ」。上まぶたの皮膚がたるんできると二重のラインや眼球に被さってきます。上まぶたがたるんできると、疲れて見えたり老けて見える、不機嫌そうに見えるなどマイナスの印象を与えてしまいます。上まぶたのたるみ取りの治療法は、まぶたの皮膚を切除したり、眼窩脂肪が原因の場合は除去します。

目もとにたるみは、治療によって改善することが可能ですので、気になる方は是非お気軽にご相談にご来院ください。

目の下のクマについて

目の下のクマは疲れた印象を与えるだけでなく、老け顔の原因にもなります。
ファンデーションやコンシーラーなどの化粧品でクマを隠すのが一般的ですが、「目の下のたるみ」や「目の下の膨らみ」が原因でできるクマをセルフケアで隠すのはなかなか困難です。
目の下のクマには種類があり、その対策方法にも違いがあります。クマの種類や原因をを知って適切な治療をすることが大切です。

目の下のクマは小ジワよりも老けて見える!?

目の下のクマ、小ジワがあるイラストを用意しました。目の下のクマがあると疲労感や生活感が出て、老けて見えてしまうのが分かります。若々しい印象にしたいと思っている方は、小ジワ目の下のクマをなくすことを優先しましょう。

あなたの「クマ」はどのタイプ?

目の下のクマ、小ジワがあるイラストを用意しました。目の下のクマがあると疲労感や生活感が出て、老けて見えてしまうのが分かります。若々しい印象にしたいと思っている方は、小ジワ目の下のクマをなくすことを優先しましょう。

たるみによる「黒クマ」

目の下に影ができるタイプのクマです。これは、瞼の下の皮膚のたるみによって起こるクマで、その主な原因は加齢とされています。

わたしたちの顔にはさまざまな筋肉が存在し、加齢によって目元の筋肉が緩んでしまうと、このタイプのクマが現れてしまうことがあるでしょう。

このクマを防ぐためには、一にも二にもなく、目元の筋肉を鍛えるエクササイズを行うことが大切です。

チェック方法

目の下の皮膚を押しても、顔を天井にむけてみても変わらない。

黒クマに適した治療法

血行不良による「青クマ」

目の下が青黒く見えるクマです。これは、目元の血行不良が原因となって起こるクマで、極度に眼精疲労や寝不足などが原因になって起こると考えられています。
近年では、パソコンやスマホの操作で眼精疲労を訴える方が急増しているといいますが、これらの操作を行う際には、最低でも1時間ごとに10分程度の休憩を入れて、眼精疲労を回避しておきたいものです。また、このタイプのクマは、目の下の皮膚が薄い方ほど目立ちやすいという特徴があります。

チェック方法

目の下の皮膚を押しても、顔を天井にむけてみても変わらない。

青クマに適した治療法

色素沈着による「茶クマ」

目の下が茶色く、くすんで見えるタイプのクマです。これは目を擦るなど皮膚への刺激が主な原因で茶色く色素沈着を起こしてしまったものです。
アイメイクを落とすときに目を擦ったりせずに優しくメイクを落とすことを心がけましょう。目元の皮膚はとてもデリケートですので、紫外線対策を怠るとシミの原因にもなりますので注意しましょう。

チェック方法

目の下の皮膚を押すと、少しは目立たなくなる。

茶クマに適した治療法

目もとのたるみ取りに効果的な治療法

当院の目もとのたるみ取りに効果的な治療法をご紹介します。

目の上のたるみ取り

目頭から目尻を少し超えるところまで切開し、たるんでいる過剰な皮ふを適度に切除します。

目の上のたるみ取り

目の上の脂肪除去

まぶたの重瞼ライン上の外側を切開し、脂肪を抜き取っていきます。

目の上の脂肪除去

目の下のたるみ除去

まつ毛の下2mmのレベルで皮膚切開し、眼窩脂肪と余分な皮膚を切除します。

目の下のたるみ除去

目の周りのしわ取り

ヒアルロン酸注入で目もとのしわを手軽に解消します。

目の周りのしわ取り

目もとのたるみ取りの施術料金

男性美容 スキンケア・痩身・ダイエット
男性美容 スキンケア・痩身・ダイエット
  • Instagram
  • ドクター紹介
  • 1分で簡単申し込み!看護師正社員募集
  • 保護者同意書

アクセス

住所
神奈川県横浜市西区北幸1-2-13 横浜西共同ビル 10F
(横浜駅西口より徒歩4分)
相談・予約・電話番号
フリーダイヤル 0120-072-545 (9:30 〜 19:00)
診療時間
10:00 – 18:00 (完全予約制 )
相談・予約・受付時間
9:30 – 19:00 (年末年始除く)
  • 0120-072-545
  • メールで相談カウンセリング予約