横浜で美容整形をお考えなら横浜中央クリニック・美容外科へ

0120-072-545

メール相談カウンセリング予約

女性器の形や大きさの悩みは小陰唇縮小術で解決!

多くの女性が抱える女性器の悩み




美容の悩みや健康の悩みを友人同士で話すことはあっても、女性器の悩みについて打ち明ける機会というのはなかなかありませんよね。

実は皆さんが思っているよりも多くの女性がご自身の女性器に関することで悩んでおられます。

当院にも女性器の悩みで来院される患者様は多数いらっしゃいます。
なかでも一番多いのは“小陰唇肥大”という症状のご相談です。


「小陰唇が大きすぎて悩んでいる」

「小陰唇に左右差がありバランスが悪い」

「小陰唇が下着に擦れて痛みがある」



このような症状がある方は“小陰唇肥大”の可能性があります。






小陰唇肥大かどうかの判断基準



自分の小陰唇の大きさや形が正常の範囲か否かの見極めは難しいものです。

医学的にも小陰唇の大きさや形に関して、どこまでが正常でどこからが異常という決まりはありません。

小陰唇肥大であるかどうかの1つの判断基準ですが、「脚を閉じた状態で大陰唇から小陰唇が少し見える程度」が正常範囲、それ以上であれば小陰唇肥大の可能性があるでしょう。

しかし重要なのは、肥大の程度に関わらず、ご自身が小陰唇のことで何らかの悩みを抱えているかどうかいう点です。







小陰唇肥大が原因の自覚症状



セルフチェック 次のような自覚症状がある方は“小陰唇肥大”の可能性が高く、小陰唇縮小術の治療対象と言えるでしょう。


・歩行すると小陰唇が擦れる感覚がある。

・ジーパンやタイトなパンツを履くと、小陰唇に当たり痛みを感じる。

・自転車のサドルに小陰唇があたって痛い。

・イスの座り方に気を使う(小陰唇が擦れないように)

・小陰唇がたびたび炎症を起こす。

・小陰唇が摩擦によって色素沈着している。










小陰唇肥大というコンプレックス



上記のような具体的症状がなくても、小陰唇の大きさや形にコンプレックスを抱き、大きな悩みとなっている方も多くいらっしゃいます。


・小陰唇の左右差が大きい。

・小陰唇の黒ずみが気になる。

・小陰唇が大きすぎる。



このようなコンプレックスがあるために異性との交際に踏み切れないという方や、実際にパートナーにコンプレックスについて指摘されたという経験をお持ちの方もいらっしゃいます。

デリケートな場所だけに、そのコンプレックスは大きな精神的苦痛を伴うのです。







当院の小陰唇縮小術は女医が担当します



女医 小陰唇縮小術は、大きすぎる部分、左右差が生じている部分、形がいびつな部分、色が黒ずんでいる部分などお悩みの部位を切除し、傷口を糸で縫合する施術です。

手術は局所麻酔を使用するので痛みを伴うことはありません。
患者様のご希望に応じて、手術中に大きさや形を確認することもできます。

なかなか人には相談しづらい女性器の悩みですが、当院では女医がカウンセリングおよび手術を担当いたします。

時間をかけたカウンセリングで丁寧にご相談に応じますので、まずは無料相談よりご連絡ください。

当院の小陰唇縮小手術について、詳しくはこちら→



まずは無料相談よりご相談ください。







記事監修:横浜中央クリニック

  • Instagram
  • ドクター紹介
  • 1分で簡単申し込み!看護師正社員募集
  • 保護者同意書

アクセス

住所
神奈川県横浜市西区北幸1-2-13 横浜西共同ビル 10F
(横浜駅西口より徒歩4分)
相談・予約・電話番号
フリーダイヤル 0120-072-545 (9:30 〜 19:00)
診療時間
10:00 – 18:00 (完全予約制 )
相談・予約・受付時間
9:30 – 19:00 (年末年始除く)
  • 0120-072-545
  • メールで相談カウンセリング予約

横浜中央クリニック 専門サイト

美容整形のことなら美容外科の専門医が施術する横浜中央クリニックへ

横浜中央クリニックでは、アットホームな美容外科として、お客様のお悩み解決をサポートいたします。美容整形のプロとして、お一人お一人に合った施術方法をご提案いたします。まずは、無料カウンセリングをご利用ください。当院は横浜駅から徒歩2分の場所にあります。アクセスが良いため、横浜、神奈川だけでなく、東京や千葉、埼玉、静岡、愛知からの来院も少なくありません。自分に合ったクリニックをお探しの方は、一度お電話ください。横浜中央クリニックは美容外科ですので、美容医療全般を対応しています。その他、気になられる事がございましたらお気軽にご相談ください。