横浜で美容整形をお考えなら横浜中央クリニック・美容外科へ

0120-072-545

メール相談カウンセリング予約

あなたを悩ますのはシミ?それとも肝斑?

シミだと思っていても3人に1人は“肝斑”です




エイジングサインの代表格として挙げられるのが“シミ”です。


30代後半から、徐々にシミは出現し始めます。

シミはどうしても、老け顔の一要因となってしまうので、どうにかして薄くしたい、消したいというご相談を多く受けます。

しかし、お悩みのその“シミ”は本当に“シミ”ですか?

あなたが“シミ”だと思い込んでいるのは、もしかしたら“肝斑”かもしれません。


実はエイジング世代の3人に1人が“肝斑”の症状で悩んでいるのです。






“シミ”と“肝斑”どうちがうの?



一見シミと同じように見える肝斑ですが、できる原因も対処の方法も異なります。

“シミ”と“肝斑”の違いを簡単に説明するならば

紫外線を浴びたことで出来るのがシミ

紫外線を浴びなくてもできるのが肝斑


このようにカテゴライズすることができます。

シミは紫外線を浴びたことにより、メラニンが過剰に生成され、肌内部に蓄積し、のちに肌表面に定着してしまったものです。

一方、肝斑のメカニズムは未だに明らかにはなっていません。医学的には「女性ホルモンの変化が深く関係している」と言われていますが、定義が曖昧でその診断も困難なケースがあります。







セルフチェックで見分ける肝斑


セルフチェック

ご自分のお顔にあるのがシミなのか肝斑なのか?

見極めるために肝斑の主な特徴をあげましたので、ご自身でチェックしてみてください。


□30〜40代になってから出現し始めた

□頬骨に沿った部分、または目尻の下に左右対称に広がっている

□形がぼんやりと広がってるように見える

□季節によって色の濃さが変化する

□目の周囲を避けるように出現している

□ストレスを溜めやすいほうだ

□シミのレーザー治療をしたら悪化したことがある



チェック数が多いほど肝斑の可能性が高いです。







肝斑の診断が難しいわけ



セルフチェックはいかがでしたか?

肝斑かどうかの見極めは、実は医師でも難しいと言われています。

それは、肝斑によく似た症状が存在するからです。


肝斑とよく間違えられるのが“炎症後色素沈着”です。

“炎症後色素沈着”は外傷や、ニキビ跡、外からの刺激による炎症の繰り返しによってできる色素沈着由来のシミです。

洗顔や化粧、マッサージ等の刺激を一番受けやすい場所、両頬に出来やすいため、同じく両頬に出現するのが特徴の“肝斑”と頻繁に間違われてしまうのです。


老人性色素斑

また、診断を困難にさせるのが“老人性色素斑”が重って出現するケースです。

“老人性色素斑”は加齢に伴い出現し始める、紫外線由来の色素斑、いわゆる一般に言われている普通のシミです。

“老人性色素斑”がいくつも重なって出現すると“肝斑”に見えてしまうこともありますし、“肝斑”に重なって“老人性色素斑”が出現していたために、“肝斑”を見過ごして診断してしまうケースもあるのです。

一見同じように見える症状ですが、それぞれ出来た原因が違うので、ケアや治療の方法も違ってきます。

間違った診断と治療で症状を悪化させないためにも、専門医による正しい診断が重要となってきます。






ピコトーニングで肝斑治療


コラーゲンとお肌のイラスト


シミ除去を目的としたレーザー治療は広く行われていますが、今まで“肝斑”へのレーザー治療は、色素沈着を引き起こす恐れがあることから、禁忌行為とされてきました。

そのため“肝斑”治療は根気よく外用と内服を続ける治療がメインだったのですが、ここ数年で“肝斑”にも対応できる、画期的なレーザー照射機器が開発され注目を集めています。

当院でも肝斑治療に対応できる、ピコトーニング治療を導入しています。

ピコトーニング(ピコジェネシス)は弱いパワーでレーザーを均一に照射し、炎症を起こさせないよう、肌の中に滞留しているシミの原因であるメラニンを少しずつ壊していく治療です。

ピコトーニング(ピコジェネシス)は照射する周辺組織へのダメージが少なく、照射時間も短いので皮膚を熱変性させずに、メラニン色素を破壊させるので、肝斑の治療にも適しています。

また“肝斑”の改善だけでなく、シミやくすみ、そばかすの改善にも効果を発揮します。

“肝斑”“シミ”のお悩みを改善し、明るく若々しい肌を取り戻したい方! ぜひ当院へご相談ください。

当院の肝斑治療→詳しくはこちら



まずは、無料カウンセリングから→







記事監修:横浜中央クリニック

  • Instagram
  • ドクター紹介
  • 1分で簡単申し込み!看護師正社員募集
  • 保護者同意書

アクセス

住所
神奈川県横浜市西区北幸1-2-13 横浜西共同ビル 10F
(横浜駅西口より徒歩4分)
相談・予約・電話番号
フリーダイヤル 0120-072-545 (9:30 〜 19:00)
診療時間
10:00 – 18:00 (完全予約制 )
相談・予約・受付時間
9:30 – 19:00 (年末年始除く)
  • 0120-072-545
  • メールで相談カウンセリング予約

横浜中央クリニック 専門サイト

美容整形のことなら美容外科の専門医が施術する横浜中央クリニックへ

横浜中央クリニックでは、アットホームな美容外科として、お客様のお悩み解決をサポートいたします。美容整形のプロとして、お一人お一人に合った施術方法をご提案いたします。まずは、無料カウンセリングをご利用ください。当院は横浜駅から徒歩2分の場所にあります。アクセスが良いため、横浜、神奈川だけでなく、東京や千葉、埼玉、静岡、愛知からの来院も少なくありません。自分に合ったクリニックをお探しの方は、一度お電話ください。横浜中央クリニックは美容外科ですので、美容医療全般を対応しています。その他、気になられる事がございましたらお気軽にご相談ください。